■(2024 JUL) 一寸無理があるかな


 私は毎朝の散歩が習慣となっているが、道中に野良猫と会遇することも習慣となっている。茶トラ、ブチ、黒、白、キジトラなど様々で、それぞれ縄張りがあるようで、毎朝決まった場所にちょこんと座っている。先日、脳中で(顔を思い浮かべながら)勘定してみると、全部で十一匹いる。
 僅か十五分程度で一周できる散歩道であることを考えれば、これは凄い人口密度、否、ニャンコ密度である。気恥ずかしいので、具体名は記さないが、各猫に名前乃至ニックネームをつけている。会えた猫には挨拶するし、出会えなかった猫には、どうしているんだろうと思を馳せる。
 今のところ十一匹全員、元い、全猫ぜんニャンコと会えた日はない。いつの日か、十一匹の猫と会える日、即ち猫コンプリート、否、ニャンプリート(――一寸無理があるかな……)できる日を楽しみにしている。

 今月は、DEEP PUPLE / HALLELUJAH が入荷しました。パープルのオリジナルシングルで最も入手が難しい一枚。この機会に是非。

 




 

■(2024 JUN) 晴れでよかったネ

 北赤羽の先、埼玉県と東京都の県境にどうしても外せない用事をこしらえてしまって、メトロとJRを乗り継いで赴いた。駅に降り立つと、寂れて閑散とした街並みを思い浮かべていたのだが、存外に小綺麗で気分爽快になる。目の前には広大な公園が拡がっていて、オランダにあるような水車がしつらえられている。円形の園路の中心にある池では、人々がのんびり釣りなんかしている。私は東京のど真ん中で暮らしているので、当地のような広い空に出会うと、些か羨ましくなる。
 恰度ちょうど昼時だったので、立ち食いそば屋に入って――私は初めて訪れた町ではこれをよくやる――茄子天茗荷そばを食べた。冷たいそばを暖かいそばつゆにつけて食べるのだが、これが立ち食いそば屋のレベルを遥かに凌駕した味で、感動してしまう。
 駅裏の図書館に寄ってみたが――私は初めて訪れた町ではこれをよくやる――これがまた瀟洒しょうしゃな造りの近代建築でビックリした。閑所などお借りして、新刊の文芸誌などパラパラと斜め読みした。
 滝野川の迷店(?)で酒を飲むため、帰りは都営三田線の蓮沼駅まで歩いた。西巣鴨で下車したが、店の開店時間には少し早かったので、芥川龍之介の墓へ行った――別に展墓のために赴いた訳ではなく、興味本位だったのだが……。大きく立派な墓でも建っているのかと思ったら、球型の個性的な形状をした珍しい墓だった。なんとなく合掌してしまう。
 今日は、晴れでよかったネ。サッと飲んで、家に帰りますか……

 今月は、GENESIS / Foxtrot が入荷しました。ラージマットハッター・レーベル、マトリックス1のファーストプレス。奇跡のニアミント品です。是非。




 

■(2024 MAY) ブルッとした

 存外にガイドブックには掲載されないだろうが、月一ペースで足繁く通うラーメン店がある――前々から私の贔屓の店がガイドブックに掲載され、行けなくなった経験が何度もある。その店は悠久の年月を経たカウンターが据えられた小体こていな造りで、メニューもラーメン、つけ麺、まぜそばと限られたものになっている。先日、一カ月ぶりくらいで赴くと、以前は店主一人が調理、接客の両方をされていたが、接客をニューフェイスの女性が担当し、店主は調理に専念されていた。
(――ほぅ、飲食業界は厳しいのに、儲かってるんだねぇ……)
 と、心中で呟いたが、ニューフェイスを見てギョッとなった。思わず息を飲むような美人で、それでいて笑顔が優しい愛嬌のある接客をする。店に居る客たちも同じことを考えているようで、スマホを見ているフリをして彼女を盗み見ている。退店の際には、一オクターブ高い声で彼女に「ごちそうさまでした」なぞ、咆哮する。
(――まさか、嫁さんもらったのだろうか……)
 この店主はコブダイに髭を生やしたようなルックスで、お世辞にもイケメンとは云えない。私が座っている席は恰度ちょうど、彼女が行き来する中通路と厨房が見渡せたのだが、彼女が店主と目を合わせて意味ありげな表情をしたので目を剥いた。
 たまさか村山槐多の散文詩なぞ読んでいたのでブルッとした。
 ――まぜそば、美味しかったなぁ。

今月は、DONOVAN/A Gift From のモノラルボックス完品が入荷しました。このレコードのモノラル盤はレアです。是非。




 

■(2024 APR) 今後を憂いている

 サッカー日本代表、北朝鮮戦を観に国立競技場へ赴いた。チケットが余っていて、ダイナミックプライシング制度によって少し安く買えたのでラッキーだった。ダイナミックプライシングは需給によって価格が決まるため、売れ残りのチケットは漸次安くなる。嚢時のうじ、出張でニューヨークのブロードウェイを訪れたときに、eTicketでミュージカルのチケットを購めた。このときにダイナミックプライシングを初めて経験した。株価ボードのように時間の経過とともにチケットの価格が変化していく様は、合理的で良いシステムだと思った。数十年経って、ようやくく日本に導入されたが、サッカーに限らずあらゆるチケットにあまねく導入されることを望んでいる。
 新国立は瀟洒しょうしゃな造りの近代建築で、サッカー場としては群を抜く存在だと思う。しかしながら、トイレが少ないことは十全でないと思った。ハーフタイムに行列が出来て、尿意を堪えるのに苦労した。試合もどこか間延びした内容で面白くなかったなぁ。帰りに思い出横丁辺りで一杯飲んでから帰ろうかと思ったが、風通し(?)の良い店が多いので、当日の寒さを思うと途中下車する気にならなかった。
 ちょっと今後を憂いている。

今月は、WHO/Live At Leeds の黒スタンプファーストプレスが入荷しました。マーキーのポスターを含む12枚インサートが揃った完品。年々入手が難しくなっています。是非。




 

■(2024 MAR) 何か良いことないだろうか

 サッカーアジアカップ、あれは何だったんだろう。あのメンバーで結果が出ないなんて。自分たちのサッカースタイルに拘泥して、心技体の技に重きを置きすぎだったか。もっと泥臭くてもいいから、心で戦って欲しかった。それを相手がやっていたように見えた。残念である。
 伊東の代表離脱あれは何だったんだろう。この目で見たわけじゃないから真実が分からない。ただ結果的には代表に翳さすことになったと思う。残念である。
 私の方もDAZNが観れるという触れ込みのインターネットカフェに会員登録し、部屋を予約し(12時間からしか予約できない)、当日赴いたらアクセス過多で観れなかった。唾棄すべき出来事で、ほぞを噛む思いをした。
何か良いことないだろうか?

今月は、PINK FLOYD/Final Cut が入荷しました。奇跡のシュリンク未開封です。




 

■(2024 FEB) 胡瓜の記憶

 往時のビジネストリップで訪れたロンドンで食べたキューカンバー・サンドイッチが恋しくなって自作した。何故買ってこずに自分で拵えたかというと、こんなもの何処にも売っていないからである。キューカンバー・サンドイッチとは、ライ麦バンにコールマンズのマスタードと無塩バターを煉ったものを塗り、胡瓜の薄切りを挟んで、フィンガーサイズに切ったもである。その横にはスタッフドオリーブとピクルスが添えられている。イギリスでは紅茶と共に午後のティータイムに食べる事が一般的だ。

 胡瓜の薄皮を剥いてからパンに挟むのが私流である。悪くない出来栄えで、満腹になり、夕食時にはまったく腹が減らぬ。リビングで横臥していると、インシュリンのスパイクで眠くてたまらなくなり、本格的に寝入ってしまう。目覚めたら毛布が掛けられていて、家族の愛情を感じてしまう。

 食べ物の記憶というものは、ときにその他の出来事よりも鮮明である。殊に幼少期に食べたもので記憶に残っているもは多い。私の場合、何故か胡瓜を食べた事を鮮明に覚えている。初夏の日差しの中で、おやつ代わりに塩をつけた胡瓜を手に持って遊んでいた事。今思えば、母が熱中症予防のために持たせてくれたのではないだろうか。薄ぼんやりとした記憶の中に、鮮やかな胡瓜の緑色が残っている。そのイボイボの皮も、悪くない感触だ。

今月は、ROXY MUSIC / Siren が入荷しました。ISLANDのiロゴがレーベルに表示されているファーストプレス。入手が難しくなってきています。是非。




 

■(2024年 年頭にて) 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
たくさんのお客様との出逢い支えられ、心より感謝申しあげます。
本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

私は、相も変わらずバタついた年末、年始を過ごした。
大晦日は未明に起床し、出荷処理、在庫のリコンサイルを済ませ、その後、仕事部屋の掃除をした。
ダイソンの新型掃除機の吸い込みが気持ちよく、部屋をピカピカにした。
年越し蕎麦は、例年に倣わず自宅で乾そばを茹でて、市販のそばつゆで、葱と本山葵を薬味として食べた。
其の後することもないので、ビールやキンミヤ焼酎などを鯨飲し、そのままリビングで寝落ちして、家人に罵倒される。
深更、尿意が切迫し後架へ行く途中、家人にバッタリ出くわして、反射的に新年の挨拶をしてしまう。
そのまま、臆面もなく元日を無為に過ごし、本日に至る。

また一つ無駄に馬齢を重ねることになるが、せめて矍鑠かくしゃくとしたオッサンで来年の正月を迎えられるようにしたいものだ。
さて、入浴して仕事を始めますか。

今月は、PINK FLOYD / Animals の両面マトリックス2番のファーストプレスが入荷しました。このレコードファーストプレスは数が少なく入手困難です。この機会に是非。




 

■(2023年 年末にて) 堅忍不抜

皆様にとって今年はどのような一年だっただろうか?
私にとっては忍び、凌いだ一年だった。

年頭から存外の事が起り、人間関係、殊に海外のディーラーや卸売り業者との付き合いに難儀した。
振り返れば私の言動にも問題があったが、結果的に幾つかの取引先を失ってしまい、憤懣ふんまん慚愧ざんきの念に堪えない塩梅であった。

その傍ら国内では、特定の勢力が市場を差配するので、寡占市場の価格決定プロセスの絡繰に懊悩おうのうした。
一度、関係者とのミーティングの席で愚痴を零したが、憐愍れんびんの眼差しと苦笑いで済まされてしまった。
零細企業、弱者に対する社会の雅量が年々逓減している。
これは、向後も変わらないだろう。
期待できないことは悲しいこと、でも自力でできることが何かある。そう思ってこの一年仕事に取り組んできた。
少しばかりだが結果も出た。堅忍不抜の精神で、来年もやってやろうじゃないか。

本年中の御愛好に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

今月は、KING CRIMSON / Lizard が入荷しました。背表紙が逆文字で印刷されているファーストプレス。近年入手が困難です。この機会に是非。




 

■(2023年 NOV)寒露

亡母の祥月命日だったので、展墓のため池上にある寺まで赴いた。
掃苔そうたいしてから、界隈の生花店でもとめた一対の仏花を供え、香華を手向けた。
合掌し心中で近状を傳えると憾悔かんかいの情が少しく湧いてくる。
孝行のしたい時分に親はなし、石に布団は着せられずという塩梅である。
スーパーで故人の好きだったおはぎを探したが見つからず、仕方なく草団子を購めて、深更家人と食べた。
どうせなら私が好きな向島の志満じまん草餅を用意しておけばよかったかな。

ときにサッカーの代表戦を観戦することが楽しみになっている。此の所、親善試合で強豪国に勝利することも多くなっている。
野球ほどではないにしても、世界の上位と遜色ない内容で戦えるのは、何か本質的な変化を感じている。
W杯の予選が始まる。楽しみだ。

皆様、寒くなって参りましたので、どうぞお体にお気を付けてお過ごしくださいませ。

今月は、THIN LIZZY/Jailbreak が入荷しました。変形ジャケットのオリジナル盤。近年値上がりが目立つアイテムです。この機会に是非。




 

■(2023年 OCT)セレンディピティ

法人契約している郵便局の担当者から滅多に来ない連絡があり、これは朗報ではないなと勘繰っていると、婉曲えんきょくに送料や各手数料を近々値上げさせてもらうとのことであった。
この件ばかりではなく、暫時落ち着いていた値上げの波が、またぞろジワリと忍び寄ってくる感じが不気味で、今後をうれえている。
私ですらこうなのだから、市井しせいには収入と支出の齟齬に苦しんでいる人たちが溢れているのではないだろうか。
往時のゼロゼロ融資の返済の目途が立たず、風前の灯火という零細企業も多いと聞く。
此度こたびの危局を乗り切るために何が必要か、役人や政客には真摯に取り組んでもらいたいものだ。

利用してるスポーツクラブで、他の利用者と仕事のことなど差し障りない範囲で話すこともある。
その中にスラリとした若き経営者がおり、時として忌憚ない意見をズバリと言ってくれる。
子細なことに拘って、大局を見誤ってはいけないと言われたことがある。言われてみれば瞭然であるが、自分では気づかないものだ。
彼との邂逅かいこうが、私の会社経営に思いがけぬ奇貨となっている。ありがたいことだ。

壮年期には永遠に生きていけるような幻影を見て日を経てているが、早晩、自分の人生の日は暮れている事に気づく。
一年が経つ速さに愕然とし、過去に思いを馳せるが、振り返らず、未来を憂えず、今を生きる事が肝心である。

今月は、Jack BRUCE/Songs For A Tailor のファーストプレスが入荷しました。ラミネートジャケットの初版は入手困難です。安いうちに是非。




 

■(2023年 SEP)元の木阿弥

或る物故作家の短編集が欲しくなって、ネット上を隅々まで探し回った。
高くてもいいから、是非ともコンディションの良い美本を架蔵したいと思っていた。
稀覯本ではないのだが、初版部数が少なく、重版がかかっていない上に文庫化もされていないので、てんで見つからない。
数日空けて再挑戦して、ようやく一冊だけ売り物を見つけた。
聞いたこともないような認知度の低いネット通販サイトで、商品のピクチャも掲載されていなかったが、リスク承知で躊躇なくもとめた。
買い手の情報不足は否めないが、出たときに買っておかないと次は何年後になるか判らない。

数日後、本が届いた。
荷を解けば、目にも鮮やかなスカイブルーの函入りの美本である。
帯や付録など装丁も丁寧に作られた荘厳美麗な工芸品の様だ。
満足して暫し質感など味わった後、奥付や見開きを一通り確認してゆくと、見開き頁に得体の知れない違和感がある。
商品説明には書いていなかったが、署名本だった。
一瞬ギクリとなって、暫く呆然とした後、その僥倖に打ち震えた。

結局この本はグラシン紙で保護した後に、私の本棚の奥深くに差さっている。つまり、手に取って読むことが出来ない。
普段読むために、もう一冊探さねば。

今月は、Rod STEWART/An Old Raincourt の Vertigo オリジナル盤が入荷しました。大渦レーベルのファーストプレス。まともコンディションのものは入手が難しくなってきています。この機会に是非。




 

■(2023年 AUG)英国のニコレット事情について

屡屡訪れる都心の図書館へ向かう途中、最近見つけた細い捷路を曲がった途端、順番待ちの行列に出くわしギョッとなった。
何に並んでいるのかと思ったら喫煙所である。
所狭いスペースで、多様な人々が窮屈そうに喫煙している。
私は禁煙して随分経つが、当時禁煙そのものには苦労した覚えが無い。禁煙しようと思ったその日に止めることが出来た。
ニコレットというニコチンガムを使用して禁煙したのだが、主客転倒、そのニコレットを止めるのに苦労した。
使用したニコレットがイケナカッタ。
私は日本で市販されているニコレットではなく、商売柄UK版のニコレットを使ったのだ。
現地のレコードディーラーに頼んで送ってもらっていたので、日本で買うよりも随分安価で購うことができた。
しかしながら違いは価格だけではない。ニコチンの含有量が大きく違っていた。
日本のニコレットは一個に1mgのニコチンが含まれているが、英国版は一個に4mg含まれている。
食べてみると分かるが、これは効く。煙草を吸うより、こちらの方がクラクラする。
旨趣としては、日本製は煙草をガムで置き換える、英国製はこっちの方が喫煙よりいいから止められるだろうというわけだ。
確かに簡単に禁煙できたが、爾後何年にも亘ってUKニコレットのお世話になった。

今月は、TIM HART & MADDY PRIOR/Folk Songs Of Old England Vol 1 の Tepee 原盤が入荷しました。再発盤でさえレアですので、オリジナルは激レアです。是非。 のオリジナル盤が入荷しました。




 

■(2023年 JUL)一番大変なこと

毎月のことだが、リストの作成よりもこの廃盤徒然草の文章を書く方が苦心する。
拙文、駄文を連発しているだけなんだから何でもないだろうと思われ方もいらっしゃると思うが、元来の遅筆の上に、何度も読み返して文章の構成を繰り返し考え、推敲するので異常に時間がかかる。
気楽な日常を描いたエッセイなんだから肩肘張る必要もないのだが、性格だから仕方ない。
かと言って、エッセイ書くのに馬鹿々々しくてプロットなんか作っていられない。

他店のブログなどはあまり読まないが、レコード以外のことを真面目に書いている人いるんだろうか。
この手のレコード関連エッセイの嚆矢だと勝手に思っているは私だけだろうか。

さて、暑くなりそうですので、皆様、体調管理にお努め下さい。

今月は、 Bob DOWNES OPEN MUSIC の幻のファーストが入荷しました。Vertigoからのセカンドが有名ですが、レア度、音楽的内容ともこちらが上。是非。




 

■(2023年 JUN)贔屓の店

名人戦の季節だね。
例年椿山荘へ大盤解説会を聞きに行くことが楽しみであったが、藤井さんの登場により、入場券の入手に窮するようになり、足が遠のいてしまった、
AIの普及により同じような戦型ばかりになってしまい、将棋に対する興味も薄れてきているのだが、羽生さんの復調など興味深い(羽生さんは私の贔屓の棋士だ)、ニュースもある。
しばらく遠目から静観するとするか。

閑話休題。
この年になると、自分が落ち着ける飲食店が貴重になる。
私の場合、良い印象を持っている店は、私がコアタイムを避けて訪れていることもあるが閑散としていて混雑していない、それでいて味のしっかりした店が多い。
通し営業である店が理想的だね。
接客も嫌味気の無い、居心地の良い店に限る。
しかしながら贔屓の店が、店主が高齢で閉店したり、コロナ禍のため長期休業したりもある。
だから新しい店を常に開拓しなければならない。
楽しいこともあるが、いやな思いをすることもある。

さて椿山荘がダメなら千駄ヶ谷の方へ伺ってみようかな。

今月は、IRON MAIDEN/Killers のオリジナル盤が入荷しました。名曲ラスチャイルドの原盤がコレ。近年値上がりが激しいアイテムです。安いうちに是非。




 

■(2023年 MAY)人間は晩年ですよ

去年のことだが、或る転売ヤーにカラマレテ閉口した。
この人は当店で買った商品を別のフリマに出品して、「せどり」をしているようなんだが、サイドビジネスや不労所得に熱中している人に共通するある特徴があるため、口調などからすぐに分かった。
友人の分を代理で買っていると言ってくるのだが、お金のためなら息を吐くように嘘が言えるなんてカナシイネ。ばれていないとでも思っているのだろうか。
お金はあれば便利だけれど(時間を節約するのに使えたりするからネ)、その高がその人間の点数ではないと思うのだがどうだろうか。
端的なアービトラージ、ブローカレージではなく、地道にプロセスを積み重ねることがビジネスの肝心だと私は考えている。
私は外資系投資銀行に長年勤務した後に、ビジネスオーナーに転じているので、その両方を見てきているんだが、分かってはもらえないだろうナァ。

しばしばいわれることだが、人間は晩年ですよ。
晩年にイイ仕事をした人間は幸せに死ねます。
自分に言い聞かせて、今日も一日ガンバリましょう。

今月は、KING CRIMSON/IN The Wake Of のオリジナル盤が入荷しました。マト1ピンクi原盤はまともなものが出にくくなっています。この機会に是非。




 

■(2023年 APR)夏草や兵どもが夢の跡

立春の候、逗子海岸へ散策に出かけた。
今はレストランになっている、伝説のホテルの跡地を見た。
ある作家がそのホテルにおける数年の生活をエッセイに書いていたので、興味を持っていて、いつか訪れてみたいと思っていた。

砂浜を歩いた。
久しぶりの潮の香りが心地よい。
水平線に富士山が浮かび、目の前の江の島が手で掴めそうに見えた。美しかった。
ウィンドサーフィンをする人々がのんびりしていてよかった。
消波ブロックに腰かけて半日過ごした。
鳶が低空飛行するので、何か攫れないかびくびくした。
貝殻を拾って帰ってきた。その貝殻は今私のデスクの上にある。

今月は、 MOTHERHEAD/Overkill のオリジナル盤が入荷しました。彼らの最高傑作だと思います。是非。




 

■(2023年 MAR)無駄も必要だね

所用があって都下の小さな駅へ降り立った。
寒いが良く晴れた日、青空がきれいだった。
私が暮らす町は容積率がめっぽう高いので、高層ビルが林立しており、空が狭い。
空を見上げるのに首が痛くなる。

用事はできるだけメールや電話で済ますようにしているのだが、この日はどうしても外せない用事をこしらえてしまって、電車を乗り継いで出向いた。
昼前、のんびりした時間に電車に揺られてウトウトしていると、甲高い幼児の声で起されたが、それが丁度降りる駅の直前だったりする。
乗り過ごさなくてラッキーだったけど、もう少し夢の中に居たい気もしたなァ。
遠出もたまにはいいもんだね。

用事を済ませて、遅い昼食のため頃合いの食堂に入り、胡麻油の香りに誘われて天丼を食べた。
前日、大学時代の友人と久しぶりに会い、調子に乗って濃いめのホッピーなどを大量にきこしめしたので、胃に収まっていた先ほどの天丼が暴れだす。
駅のトイレでせっかく食べた天丼をすっかり吐き出してから、ホームのベンチに放心状態で座って電車を待った。
終日、体調が優れなかったが、人生無駄も必要だね。
近道すると手痛いしっぺ返しを食らうことがあるからネ。最近あったんだよナ。ハァ〜。

今月は、PETE TOWNSHEND and RONNIE LANE / Rough Mix の極美品が入荷しました。めったに出ないコンディションです。是非この機会にご検討下さい。




 

■(2023年 FEB)もうすぐだよ

春風万来。
たしか往年の将棋名勝負、谷川・羽生戦で、谷川王将が羽生挑戦者を相手に防衛を果たした時に書いた言葉だと記憶している。
あれから何年経ったか分からないが、現在行われている王将戦の挑戦者が羽生さんであるとは大変なものだと思うね。
王将戦が終わるころ春一番が吹いて、私の鼻がムズムズして、暖かくなる。
相変わらず寒さが苦手なので、指折り数えて待っている。

目に青葉、山ほととぎす、初鰹。
もうすぐ大好きな初鰹が食える。

今月は、LED ZEPPELIN/III が入荷しました。「移民の歌」以外にも名曲が詰め込まれた名盤です。廉価なオリジナル盤ですので、是非。




 

■(2023年 年頭にて)今年も忙しくなりそうだ

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
たくさんのお客様との出逢い支えられ、心より感謝申しあげます。
本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

クリスマスのフライドチキン、ケンタッキー予約無しで買えなかった。
仕方がないから近所にオープンしたばかりの25チキンで買って食べたら、おいしかった。25種類のスパイスを使っているから25チキンだそうだ。
よく冷やしたカヴァで乾杯。
例年通り、近所の有名な青いお店でクリスマスケーキを買う。おいしいが、高すぎじゃね。

有馬記念と競輪グランプリの両方が的中する。
こんなこと初めてではないだろうか?
転んで怪我しないように気を付けよう。
年越し蕎麦、昨年と同じ蕎麦屋のテイクアウトで買った。
海老天をのっけた温かい蕎麦でポカポカになる。
濃いめのそばつゆの味が私好みでよろしい、

お正月、近所の業務系スーパーでなぜか本鮪が捨て値で売っていたので、大量に買って生醤油で漬けにする。おろした本山葵で食べた。
頂き物のかめ壺焼酎森伊蔵幻の一本で乾杯。
酒が進んでベロベロになる。

元旦一日だけ休んでもう仕事である。
パソコンのメールを開いたら大量の注文が入っている。
今年も忙しくなりそうだ。

初詣は三が日最終日あたりに家人と行く予定だ。

今月は、GENTLE GIANT / In A Glass House が入荷しました。奇跡的な美品です。是非。




 

■(2022年 年末にて)自由が一番幸せだよ

一年が経つのは早いものだね。
確実に自分が一歳年をとったことは間違いなのだが、この年齢になるとそれに目を瞑りたくなるネ。
今年一年を振り返って、どうだっただろうか。
新しいビジネスを開拓したりして、それなりに充実した一年だったかナァ。
半面、インフレや円安ドル高には(今も)悩まされているかナァ。

相変わらずコロナ禍ではあるが、行動制限が無くなって、肩の荷が軽くなった気がするネ。
やっぱり、人間自由が一番幸せだよ。

本年中の御愛好に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

今月は、TICKAWINDA/Rosemary Lane が入荷しました。英国フォークのプライベートプレスの中では、音楽的内容が傑出した一枚。原盤は音がクリアです。奇跡のミントコンディション。是非。




 

■(2022年10月)また、やってみよう

先日バースデーワインを購入して飲んでみた。
バースデーワインとは生まれた年に作られたワインで私にような年齢の人間にとってはそれなりのヴィンテージワインになる。
それほど有名なワイナリーではなかったが、結構おいしくてビックリした。
でも、コルクがチョット黴臭かったナァ。
家人がワインを飲まないので、一人で一本飲み切った。
ウォッシュチーズとバケット、タルタルステキーキも用意して、何だか一人ディナーパーティーみたいで良かったナ。
休日のいい暇つぶしになった。
また、やってみようと思う。

今月は、LAZY FARMER のドイツオンリー原盤が入荷しました。超入手困難なブリティッシュフォークの名盤。素晴らしいコンディションです。




 

■(2022年10月)どうなることやら

サッカーのワールドカップいよいよ始まるね。
ここ数大会との日本代表の違いと言えば、選手間の競争が激しくなっていること。
換言すれば、あまり実力差が無いとも言える。コンディションの良い選手が優先的に起用されるだろう。
代表チームは開催国以外、コンビネーションの成熟などは期待できない。言い方は悪いが、寄せ集めだと思う。
組み合わせも含めて前評判は芳しくないが、意外に勝ち進むのではないかと私は思っている。

閑話休題。
天気も暑さが和らいで、動きやすくなってきたね。
仕事に、スポーツに、娯楽に励みましょう。
経済は少し悪くなってきているね。アメリカがリセッション入りしそうで、来年はあまり期待できないね。
日本の国力が目に見えて落ちてきている事も、不安だね。
どうなることやら。

今月は、DEEP PURPLE/Come Taste The Bandが入荷しました。トミー・ボーリン在籍時の名盤。オリジナルは年々入手が難しくなっています。




 

■(2022年9月)晩夏の候

焦げ付くような暑さの後、大雨が降ったり、天候の変化が激しくなっている。心配だね。
うまく言えないが、昔の夏はもう少しのんびりしていたような気がする。
インクが滲んだプールの出席カード、麦茶や西瓜の匂い、蝉の大合唱。夕暮れ時には蝙蝠が空を飛んでいた。
昨今は何で夏を感じているのかピンとこない。

お盆は市場が休みになるので、鮮魚や野菜が品薄になる。
東京の人口密度が少し減る。
人々が戻ってきて、夏も終わる。

墓参りに行けてない。

今月は、 SEX PISTOLS/Never Mind の裏ブランクジャケが入荷しました。近年とても入手困難です。この機会に是非。




 

■(2022年8月)恐縮デス

蝉の声が少ない気がするが気のせいだろうか?
外は焦げそうな暑さだけれど、例年の夏と様子が違うような気がするんだが。
取引先のヨーロッパのディーラーたちとも話をするけど、イギリスなんかは大変な暑さのようだネ。
ロンドンの家庭なんてクーラーが無い方が普通だから困っていると言っていた。

先日、行きつけの床屋へ行ったら、帰りしなに熱中症予防の飴を貰った。なんだか嬉しくなった。
近所の魚屋からは鰹が消えてメジマグロが並んでいる。八百屋からは林檎が消えて、ソルダムに代わった。
冷凍庫で冷やしたジンをフィーバーツリーで割って飲むのが最近の晩酌だ。暑気払いに丁度いい。

相変わらず起承転結の無い雑文で恐縮デス。

今月は、The CLASH/Combat Rock が入荷しました。スティッカード・ジャケ、ポスター、インナーが揃った完品。近年とても入手困難です。




 

■(2022年7月)盛夏の候

円安でコマリませんか?とあるお客様に訊かれた。
そりゃコマリますよ。商品の大半は欧米から輸入してますカラ。
でもね、ここで価格転嫁するようでは見切られてしまいマス。
誰かが言っていたが、寿司屋のネタはすべてが利益を生むわけじゃナイ。一つ二つ赤字のネタがある。でもトータルで儲ければイイ。
弊社は寿司屋じゃないけれど、同じようにシノギたいデスネ。

このところ色々なフリマや販売サイトから出店のお誘いがある。
大手の販売サイトに手詰まり感があるのか、かなり積極的に誘致を試みているようだ。
弊社もプログラマーを複数抱えられれば、前向きに検討したいのだが、今のところ試験的なものにとどまっていて、機会損失を甘受している。

もうすぐ大好きな夏が来る。
さて今年は何処へ出かけようか。

今月は、ROLLING STONE/Brown Sugar のファーストプレスのオリジナルシングルが入荷しました。代表曲のモノラル・バージョンが聴ける唯一の音源。しかもピクチャー・スリーブ付きです。是非。




 

■(2022年6月)ガンバリましょう

今年は梅雨入りが早くなるそうだ。
遅いよりは早い方がいいとおもうけど、梅雨明けも早くしてもらわないと辻褄が合わない。
夏が長くなればいいんだが。

今年の夏は暑くなるそうだ。
寒いよりは良いが(私は寒さが苦手である)、度が過ぎるのも困るよ。
コレ地球温暖化の影響なんじゃないだろうか。
火力発電なんか年々肩身が狭くなりそうだネ。

インフレの影響を身近に感じられるようになったネ。
日本は長年デフレに悩まされてきたけど、コストプッシュ型のインフレは望まざる結果だネ。
弊社でも梱包材の値上がりなど思わぬ影響を受けている。販売価格に転嫁できないところがツライところだ。
イヤなことが多い昨今だが、明けない夜明けは無い。
ガンバリましょう。

今月は、WHO/Live At Leeds が入荷しました。赤スタンプですが、インサートがすべて揃った完品。入手困難です。




 

■(2022年5月)そっとしておいてほしい

フランスのタイヤメーカーのグルメガイドブックが嫌いだ。
遠まわしで紛らわしい言い方で恐縮だが、トラブルになるとイケナイのでご容赦下さい。

贔屓にしていた近所の鰻屋に行けなくなった。
歩いて2、3分で行ける利便性も然る事乍ら、時間をかけてふっくらと焼かれる蒲焼の味に魅了されていた。
味はもちろんだが、都心にいながら時間が止まったような居心地が好きだった。
のんびりとグラスを傾けながら、蒲焼を待つ時間が私にとって休日の至福のひと時であった、
その味や居心地を愛してやまなかったその鰻屋が、ある年その本に突然掲載されて店の様子が一変した。
電車を乗り継いでやってくる、明らかに近所の住人でない人たちが店にやってくるようになった。
「本日は満席です」と書かれた一片の紙がドアに張り付けられた。
女将の接客態度もおかしくなった。
爾来、足が向かなくなってしまった。

毎年その本を買うわけではなく、ちょっと立ち読みする程度なんがだが、私の好きな店が次々と掲載されるではないか!
店の前まで行って愕然として帰ってきたことも一度や二度ではない。

今、贔屓にしている鰻屋が一軒ある。
そこそこ近所で徒歩でもいける店だ。
グルメ本や雑誌にも出ていない。
でも、地域の人でそこそこ混んでいる。
ビックリするような辛口の蒲焼を出す。
赤羽橋や下北沢にある老舗の鰻を食べて塩辛いと感じた人もいるかと思うが、それよりしょっぱい。
私の好みの味だ。
酒を注文すると、つまみとして一皿、うな重のお供として一皿、お新香が2回出てくる。うれしい心遣いだ。
現代建築ではない仕舞た屋風の佇まいで、三和土が心地よい居心地も申し分ない。
どこにも掲載されないことを願うばかりだ。そっとしておいてほしい。

今月は、Pink Floyd/Wish You Were Here の初盤マトリックスが入荷しました。このレコードのマトリックス1と3は激レアです。この機会に是非。




 

■(2022年4月)カワヅザクラはハヤザキなのね

播磨坂の桜は、蕾がムズムズしているようで楽しみだ。
ところで、一本だけ既に咲いている桜の木がある。
さして気にも留めてなかったのだが、河津桜との表記がある。
他はソメイヨシノとある。
私は、このあたりに住み着いて随分経つが、全然知らなかった。
クラスに一人いる、協調性に欠ける子くらいに思っていた。
ネットで調べたら、河津桜は一足先に咲くんだね。
これ常識なんだろうか。
チョット恥ずかしい。

今月は、SPLINTER の変形ジャケット英国原盤が入荷しました。George HARISSON の DARK HOURSE レーベルから少数だけプレスされたオリジナル盤。完品です。




 

■(2022年3月)箱を眺める

パソコンのモニターが古びてきたので、新調した。
せっかくなので思い切って最新のワイドモニターを購入した。

数日前に届いたんだが、アンボックスせずに置いてある。
数日間そのままである。
箱を眺めていたって、どうしようもなんだが、どうにもこうにも踏ん切りがつかない。
リプレースするとなると、現在のモニターへの愛着が湧き上がってくる。
新しいモニターを付けるには取扱説明書を読まないとイケナイ。
考え出すと億劫で仕方がナイ。
だから、ただ眺めている

さて、そろそろ箱を開けてみましょうか。

今月は、CLASH / London Calling オリジナル2枚組が入荷しました。年々入荷が難しくなっております。この機会に是非。




 

■(2022年2月)結果は如何に

昨年後半から長らく休んでいたジム通いを復活させている。
トレーニング翌日の筋肉痛が心地よく、やっぱり筋トレはいいものだと思う。
復活した当初は重たいバーベルがまったく上がらずに苦労したが、最近は以前にほど近いところまで戻ってきている。
鈍った体が引き締まっていくようで、気分がいいね。

気を使っていなかった食事も変化している。
ある程度PFCを考えたメニューを食べるようにしている。
PFCはプログレバンドの名前ではなく、タンパク質、脂質、炭水化物のマクロ栄養素のバランスのことです。

腹筋がうっすら見えてくると、に自分へのご褒美と称して深酒して、元に戻ったりする。
今日はストイックな日にするか、チートデーにするか、その葛藤も今は楽しいね。
春までにはバキバキの体にしようと持っているのだが、さて、結果は如何に?

今月は、WINGS/At The Speed Of Sound のマトリックス両面5のファースト・プレスが入荷しました。最近は出物が少なくなってきております。是非。



 

■(2022年 新春にて)まず蕎麦屋へ行かなくては

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
たくさんのお客様との出逢い支えられ、心より感謝申しあげます。
本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

このところ足繁く通っている蕎麦屋がある。
立ち食いではないのだが、ファーストフードのように調理時間をかけずにサッと出てくる。
それでいて、味が私の好みに合う。開店時間も早朝5時からと、早起きの私にとっては大変使い勝手の良い店で重宝している。

店内は、ケース一杯に天ぷらが並んでおり、客は蕎麦の盛り(小盛り、並、大盛りとある)を選んでから、好みのの天ぷらをトッピングする。
私の好物は鶏の天ぷら。
これが濃いめのそばつゆとの相性が大変よろしい。
蕎麦は細切りのものと太い田舎蕎麦から選ぶことができる。
廉価な蕎麦を売る店としては料理に対する愛情を感じることができる稀有な店だ。
握り飯やいなりずしなどのサイドディッシュも出色の出来栄え。
寡黙な店主もいい塩梅だ。

ここの蕎麦が食いたくなるときは、二日酔いのとき。
卓上には瓢箪に入った七味唐辛子とは別に、輪切りの鷹の爪が置いてある。
これを多めに入れて蕎麦をかっこむと、カプサイシン効果で前夜のアルコールが血中から蒸発する(ような気がする)。

昨年末はここで年越しそばを買い求めた。
別に値段が高ければ、うまい蕎麦とは限らない。

年末はこの蕎麦を食い、例年通り、KEIRINグランプリを鑑賞(?)し、近所の氏神様へお参りへ行き、お屠蘇で乾杯。
元旦一日だけ休んでもう仕事である。
メールを開けたらCDもレコードもげっそりするほど注文が入っている。
贅沢な悩みで、少し嬉しい気もする。
さぁ仕事に取り掛かからなければ。
でも前夜の酒が残っているから、まず蕎麦屋へ行かなくては。

今月は、MATCHING MOLE のファーストが入荷しました。独特の絹目加工のジャケットが美しい一枚です。




 

■(2021年 年末にて)人生は暇つぶし

今年を振り返って何か書こうとしたんだが、はたと困った。
何もしなかった1年だったと分かったからだ。
毎年、年頭にその年の目標など立てたりするんだが、今年はそれもしなかったような気がする。
何か特別なことをしたか何度も自問自答してみたんだが、何も思い浮かばなかった。
じゃあ全くダメだったのかというと、そうでもないナァ。
誰かが、人生は暇つぶしと言っていたが、本当にそんな気がしてきたヨ。

あれしちゃダメ、これしちゃダメ、と言われ続けたら、考えるのイヤになるでしょ。 出かけるなと言われたら、今度は何処へ行こうか考えるよねぇ。 じゃあ何も考えなくなったらいいのか考えてみたが...ヤメタ、馬鹿馬鹿しい。
さぁ〜て、来年の目標でも考えますか。

本年中の御愛好に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

今月は、JETHRO TULL/Aqualung が入荷しました。ピンクリムレーベルのファーストプレス。レアです。コンディションも上々ですので、是非。




 

■(2021年 11月)陽転思考

ロケットビジネス酣だね。
私は飛行機に乗るのも逡巡するので、特段宇宙へ行きたいとは思わないのだが、社会で成功した人ほど行きたがっているね。あれはどういう理屈なんだろう。

最近、歳のせいか眠りが浅いので、色々なサプリメントを試している。
先日もiHerbで強力なヤツをアメリカから取り寄せた。
現在効果のほどを評価中である。
この手のサプリはすぐに耐性がつくこともあるので、気を付けよう。

コロナ落ち着いてきてよかったね。
一方でシンガポールやイギリスなどワクチン接種が進んだ国で、感染が再拡大しているようだ。
これが来年の日本の姿だと思うとイヤになるね。
インフルエンザみたいに人生に織り込んで生きていくしかなさそうだ。

今月は、TYRANNOSAURUS REX/My People Were Fair のオリジナルのモノラルプレスが入荷しました。インサートが付属した完品。近年とても入手困難です。




 

■(2021年 仲秋にて)そのうち良いことももあるでしょ

絶句するようなニュースをしばしば見聞きするが、自暴自棄になった末の行動だと思えることが少なくない。
誰にでも、うだつが上がらないと感じることがある。
する事なす事すべて裏目に出るような気がして、何をするのも億劫になり、行動力が落ちてくる。
ポジティブ思考だって? 大人の日常は、そんなに単純ではないよ。
別に私が今そういう状態ということではないのだが、世間の中でもがき苦しんでいる人がいれば、無理に解決しようとしない方がいい時もあると言いたい。
私の経験則なんて陳腐なものだが、ありふれた考えが正解のこともある。
急にマインドセットの本を買ったり、自分を曲げて他人の考えに同調する方が、むしろ危うい気がする。

先月もここに書いたが天候不順だね。
中秋の名月は9月21日だそうだが、あまり期待しない方がよさそうだ。
これから寒くなると思うと気が滅入るが(私は寒さが苦手である)、パイル編みの靴下と最新鋭のオイルヒーターで乗り切ろう。
まぁ、そのうち良いことももあるでしょ。

今月は、LED ZEPPELIN / Houses Of The Holy マトリックス両面2番のファーストプレスが入荷しました。年々入荷が難しくなっています。この機会に是非。




 

■(2021年9月)処暑

天候不順だね。
快晴、大雨、好天、荒天、忙しいったらありゃしない。
温暖化の影響だろうか、雨の降り様が暴力的になってきているネ。雷様が怒り狂っているようで怖いネ。
これからも、大雨が心配なので、手持ちの不動産の外付け階段などの防水工事を行った。
自宅ではないのだが、事故で怪我したりしたら大変だからネ。
昨日、作業が終わって現場を見に出かけた。
懇切丁寧な仕事ぶりの職人さんに出会えて感激したな。

もうすぐ、夏が終わる。
蝉の抜け殻が、名残惜しそうに、道端に転がっている。
暑さが和らぎ、冷たい風がびゅうっと吹いて、秋になるな。
少しだけ物悲しい気分だネ。

今月は、KINKS のファーストアルバムが入荷しました。年々入荷が難しくなっています。この機会に是非。




 

■(2021年8月)それでいいよ

早朝に立ち寄る公園に、大きな櫨の木(ハゼノキ)がある。
果実は木蝋の材料になっていて、和蝋燭など法事をはじめ私たちの生活に役立っている。

それで思い出したが、幼少の頃、駄菓子屋でよく蝋石を買い求めた。
蝋石とは薄っぺらい直方体の石で、子供が道路に絵を描いて遊ぶためのものだ。
私たちは、よく案山子の絵を描き、その中を区切って、ケンケンパーをして遊んだ。
今はそんな子供を見かけないナァ。
まぁ、任天堂SWITCHの方が面白いか。

その公園には白毛の老猫が住み着いている。
出会うと「にゃ〜」と挨拶してくれる。
元気で何よりだナ、と返している。
生きてりゃ、それでいいよ。

オリンピック始まったね。
無事に終わってくれれば、それでいいよ。

今月は、ROLLING STONES Harlem Shuffle の12インチが入荷しました。シュリンクが残っている素晴らしいコンディションです。




 

■(2021年盛夏にて)癪に障るが仕方ないよネ

コロナ禍で長らく行動が制限されているよね。
こんなもんだと思っている人もいれば、限界を感じている人もいるだろう。

私は、できることをやっている。
切り替えが早いたちなので、できることを探してやっている。
ジムへ行けなければ、ゴムチューブをアメリカから取り寄せて自宅で筋トレ。
ランニングマシーンが使えなければ、外へウォーキングへ行く。
外へ呑みに行けなければ、自宅で家呑み。
癪に障るが仕方ないよネ。

先月の続きだが、この原稿を書いている時点では、まだ梅雨入りしていないらしい。
いったいどうなっているんだ?
これじゃ梅雨明けが8月になるのでは?
夏が短くなるようで、なんだか損した気分だ。
まぁ、天気には勝てないか。癪に障るが仕方ないよネ。

今月は、ONE TIME SYNCOPATED CODPIECE/Once More With Feeling が入荷しました。英国フォーク・プライベートプレスの傑作アルバムです。




 

■(2021年6月)サッカーだけでいいんだが

梅雨入りした気がしてならないのだが、この原稿を書いている時点では、正式にはまだ梅雨入りしていないらしい。
何を望むかって?
梅雨の期間が短ければ短いほどよろしい。灼熱の夏で大いに結構。
夏場は体が軽くなって気分がいいからね。

閑話休題。
先日、近所の総合病院の玄関に人が鈴なりになっていて、何事かと思ったらワクチン接種の行列だった。
もう始まっているんだね。今は65才以上の人が対象らしい。
後日もう少し若い世代が対象になったらあの病院に人が押し寄せるんじゃないだろうか?
考えると気が滅入るね。

やっぱりオリンピックやるんだろうか?
サッカーだけやるってわけには行かないかね?
外国人のアスリートと一般の日本人が感染・重症化したら、日本人の方を切り捨てるんじゃないだろうか?
まぁ、考えたってしょうがないか。

今月は、Marbles Only One Woman のオリジナルシングルが入荷しました。知る人ぞ知るグラハム・ボネット(Graham Bonnet RAINBOW/Alcatrazzのボーカリスト)のデビューシングル。68年作。




 

■(2021年5月)どこへ行ったのだろう

アナログ・レコードの臭いを覚えている。
その昔、中古レコード店に入ったことのある方であれば、途端に鼻を突く、少し黴臭いパルプの臭いを覚えているだろう。
それを嗅ぐとテンションが上がり、自分だけが探しているレコードを掘り出して見つけてやると意気込んだものだ。
再発CDが出回っていないレア盤、雑誌でジャケットだけ見ていて、音を聴いたことがないレコード、それを初めて聴いた感動、満足感が忘れられない。
たとえそれが、つまらない音楽だったとしてもだ。

東京だと、下北沢、西新宿がメッカだった。
あの店は、店主たちは、どこへ行ったのだろう。

今月は、PINK FLOYD/Point Me At The Sky レアシングルが入荷しました。年々入手が難しくなっています。




 

■(2021年4月)良くもないけど悪くないよ

オリンピック外国からの観客無しでやるようだね。
家の周りがホテルだらけなので、ちょっとホッとした。

播磨坂の桜も咲いたね。
例年と変わらぬ美しさで良かったよ。

宮城県沖の地震怖かったね。
私は高層マンションの最上階に住んでいるので結構揺れる。
3.11のときはCD棚が崩壊したけど、今回は大したことなくて助かった。

緊急事態宣言、解除になったね。
ちょっと怖いけど、人々のストレスも沸騰点に近づいてきているかナ。

ワクチン接種、他国に比べるとスローペースだけど始まっているね。
さて私は、いつ打てることやら。

良くもないけど悪くないよ。

今月は、Cozy POWELL/Over The Top が入荷しました。オリジナルの帯付きの希少プレス。もちろんUK製です。




 

■(2021年3月)ボチボチ行きますか

節分の日に、スーパーで会計をしていたら店員の女性が柊のドライフラワーをくれた。
売れ残りだとすぐにわかったが、悪くない気分だ。
家人は豆撒きの豆の代わりにグミを買っていた。
豆は片付けが面倒なので、今年はグミを小袋で撒くという。
ハァ?豆じゃなきゃ意味ないじゃん、と心の中で思ったが、口に出すとバトルになるのがわかっているので黙って従った。

節分が終わってから、氏神様へ家人と初詣に行く。
頃合いのイベント感があって、よろしい。
新しいお札を買って、昨年の破魔矢を納札所へ捨てようとしたが、見当たらない。
それに気づいた神社の人が社務所から顔を出して、こちらで預かりますと言ってくれたので、渡した。

全てが遅れ遅れだが、ひとつづつ、片付いていく。
沿道には沈丁花の香りが漂ってきたね。
さぁ〜てボチボチ行きますか。

今月は、BRINSLEY SCHWARZ/Despite It All が入荷しました。ブリテッィシュ・スワンプの至高の名盤。オリジナル盤で是非。




 

■(2021年2月)春よ来い

気温が上がったり下がったり、忙しいったらありゃしない。
私は暑い分にはヘーキだが、寒さには滅法弱い。
初雪の日など、セントラルヒーティングの暖房だけでは足らず、デロンギのオイルヒーターをプラスして凌いでいた。

以前も言及したが、季節が前倒しになって、年内に春野菜が店頭に並ぶようになった。
新玉葱、菜の花、空豆、すべて私の好物なのでいいのだが、何だか年の瀬に春野菜ってのもねぇ。

このまま梅が咲き、桜が咲く(だろう)。
植物には人間の事情は関係ないからネ。
夏にはオリンピックを見に世界中から人々がやってくるのだろうか。
私の巣の周辺はホテルが多いので、ちょっと心配だナ。

商売柄ヨーロッパのディーラーと取引することが多いのだが、あっちも色々大変なようだ。
特に郵便事情が悪くなってきているね。
減便の関係だろうが、航空便で1か月近くかかって届いたりする。
コストを考えると、そりゃないだろうと思うが、困っているのは私だけではない。辛抱しなくてはと思う今日この頃だ。
まぁ、考えてもしょうがナイ。

春よ来い♪ 早く来い♪
あるきはじめた♪ みいちゃんが♪〜
赤い鼻緒の♪ じょじょはいて♪
おんもへ出たいと♪ 待っている♪〜

今月は、Colin HARE/Didn't I Tell You が入荷しました。超入手困難なLP未収録のオリジナルシングル。カンパニースリーブ付きの完品。しかも極美品です。この機会に是非。




 

■(2021年 年頭にて)これで大丈夫だろうか

一年の計は元旦にあり

初詣は三が日が過ぎてから行こう。
最初はパスしようかと思ったのだが、玄関の破魔矢の処分に窮しているので、そうしようかと思う。

年末は大晦日まで注文の出荷処理に追われて例年にないほど忙しかった。
年越し蕎麦は今年は自宅で食べた。
生蕎麦、葱、本山葵を用意して、オイシイネなんて言いながら家族で年越しした。

競輪グランプリは本場へは行かず、ネット投票で。
平塚はお皿のようなバンクで、直線が短い割に追い込みが効く。今回は脇本の番手を回る平原中心に考えていた。 久しぶりにいい追い込みを見せてもらった。和田選手、地元での快挙おめでとう。 私の車券が当たれば言うことないのに。

それから、年末には遠方の植木屋さんにもお世話になった。
自宅ではないのだが、所有している不動産の庭に鼠糯の木が伸びて剪定してもらった。
年の暮れで何かと忙しなかったようだが、私の我儘を聞いていただいた。
長らく気になっていたので、無精髭を剃ったようで、何だかサッパリした。

例年、年頭にその年のビジネスプランなど大真面目に立てるのだが、今年はそれもしていない。
大好きなカヴァのシャンパンとギネスビールで乾杯した。
それだけである。
これで大丈夫だろうか。

今月は、Jimi HENDRIX の Purple Haze のオリジナルシングルが入荷しました。ホワイトレーベルのファーストプレス。彼の代表曲です。